My Ambition's Origin

合格実績・特徴

  • HOME »
  • 合格実績・特徴

初年度1・2期生(2019年度AO入試)の合格実績

2019度は正規受講生と呼べる塾生が5名おり、全員が第一志望に合格する喜ばしい結果になりました(1日のみの参加やメイン対策期間の後に塾としてサポートをした子などを除く)。

進学実績は以下の通りです。

慶應義塾大学 総合政策学部 (AO入試B方式1期)
慶應義塾大学 総合政策学部 (AO入試A方式2期)
中央大学 文学部教育学専攻 (英語運用能力特別入試)
学習院大学 国際社会科学部(AO入試)※
関西学院大学 人間福祉学部社会起業学科 (グローバル入試1)
関西学院大学 総合政策学部 (AO入試)
立命館大学 経営学部国際経営学科(AO入試)※
立命館アジア太平洋大学 国際経営学部 (AO入試前期活動実績アピール方式)
立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部 (AO入試中期総合評価方式)

【2期生合格実績】

筑波大学 体育専門学群(AC入試)
立教大学 経営学部国際経営学科(自由選抜入試)
立教大学 コミュニティ福祉学部(自由選抜入試)※
立命館大学 経営学部国際経営学科(AO入試)
立命館大学 食マネジメント学部(AO入試)
立命館大学 スポーツ健康科学部(AO入試)※
同志社大学 スポーツ健康科学部(AO入試)
関西学院大学 人間福祉学部社会起業学科(グローバル入試1)
関西学院大学 教育学部初等教育コース(AO入試)※
関西大学 政策創造学部(AO入試)
近畿大学 国際学部(AO入試)
立命館アジア太平洋大学 国際経営学部(AO入試活動実績アピール方式)

《愛知県内》
南山大学 国際教養学部(AO入試)※
名古屋外国語大学 現代国際学部(自己推薦入試)

※書類審査に合格した後、2次試験を辞退。

合格した塾生の皆さん、本当におめでとうございます。

MyAOの6つの特徴

①愛知県にて関東・関西難関大学合格者が直接指導

AO推薦入試塾はどこも関東拠点や関西拠点ばかり。これまで愛知県を含む様々な地方受験生は、直接東京へ出向くかテレビ電話授業で対策を行うしかありませんでした。しかし、生徒と長い時間の対話を必要とするAO推薦入試の受験において、こうした対策方法は圧倒的に不利…。そこで私たちMyAOは、こうした現状を打開するため愛知県出身の難関大学合格者が講師となり、愛知県内での直接指導を実現しました。

 

②高い合格実績と難関大学をAO推薦入試で突破した講師陣

初年度にも関わらず昨年はMyAOから慶應義塾大学、MARCH、関関同立など関東と関西の難関大学に合格者を輩出しました。さらに、2年目となる2020年度より東京大学や早稲田大学などの最難関AO推薦入試合格者が講師陣に加わり、国公立大学・私立大学問わず対策が可能です。

 

③業界、圧倒的最安値

MyAOが推奨する1ヶ月間に全ての講座を受講するオールカリキュラムの学費は、AO推薦入試対策塾業界において圧倒的な最安値です。現在、AO推薦入試の合格者の約8割が塾において指導を受けていたという研究結果から、高額な受験対策を行えるか否かが合格を左右してしまうという経済格差が問題視されています。しかし、大手AO塾の学費はA塾40万円/年(平均)、J予備校66万円/年、W塾120万円/年と高額であるのに対して、myaoでは月額2万8000円(税抜き)のオールカリキュラムの受講を推奨しております。もちろん、myaoに在学する期間にもよりますが開講が5〜11月ですので、他塾よりもかなり安い費用での受講・対策が可能です。

 

④高校では対策できない、AO推薦合格ノウハウを伝授

愛知県内のほどんどの高校では、AO推薦入試対策を十分に行うことができていません。また、残念ながら教員の多くが「学力の一般入試」を良しとする傾向があるのが事実でしょう。そこで、AO推薦入試受験に当たって必要となる「併願校の組み方」「志望理由書の書き方」「英語資格取得」などの受験戦略を、多くのAO推薦入試受験者を見てきたMyAO講師陣が提案しています。

 

⑤AO推薦入試は情報戦!愛知県では手に入りづらい受験情報を提供

一般入試に比べ、AO推薦入試は格段に情報戦と言えるでしょう。「そんな方式で受験ができたの!?」「私も受験する条件をクリアしていたの!?」となる前に、最新情報を得ることが非常に重要です。また、愛知県は関東や関西に比べてAO推薦入試に関する情報が口コミで入手しづらい地域でしょう。MyAOでは、常にAO推薦入試に精通している講師陣が様々な受験の最新情報を提供し、第一志望校の決定から併願校決定までサポートします。

 

⑥切磋琢磨できる東海エリアのAO推薦受験生コミュニティ

AO推薦入試において、最も大切なのは「対話によって自分を見つめること」です。そしてMyAOが、講師による授業を行えるだけでなく同世代との議論する場となることも大きな魅力だと思っています。同じ大学を目指すもの同士、AO推薦入試を受験するもの同士で一つの議題に対しディスカッションを行ったり、提出書類を見せ合いアドバイスしあったりといった”学び合い”を、私たちは創造しています。

 

どんなタイミングからでも入塾できます。今すぐ無料相談!

資料請求はこちら

PAGETOP